清流文化地域推し活動(愛称:『ちーオシ』)

chi oshi

清流文化地域推し活動(愛称:『ちーオシ』)とは

「ちーオシ」とは

 「ちーオシ」は、県内42市町村それぞれの文化の「推し」をモチーフにしたオブジェを住民協働で制作し、文化祭の開会式で披露するプロジェクトです。

「ちーオシ」の進め方  

 まず、42市町村にて一人ずつ、このプロジェクトのけん引役となる「コミュニケーター」を選出します。

 そして、コミュニケーターが中心となり、地域住民の方々とともにさまざまな「推し」を見つけ、最終的に1つを選びます。

 日比野克彦総合プロデューサー監修の下、選ばれた「推し」のデザインを制作し、そのデザイン画をもとに地域住民とコミュニケーターが協働してちーオシスタチューを制作します。

 開会式には42市町村の「推し」が形となって現れます。

「ちーオシ」の目的

 オブジェを作ることだけが「ちーオシ」の目的ではありません。

 ・このプロジェクトを通じて掘り起こした地域のさまざまな「推し」たちを今後の地域活性化に活かしてほしい
 ・「ちーオシ」の活動で育まれた人々のつながりが地域に残っていってほしい

 このように、オブジェのみならず、人のつながりやコミュニティが文化祭のレガシーとなることが期待されています。

 

「ちーオシ」発表動画(7月11日 第二回県実行委員会総会)

42市町村で選ばれた「コミュニケーター」の顔ぶれはこちら